元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

子育て

トイレットトレーニングの中断と新たな?工夫

GW空け頃から、保育園でトイレットトレーニングを行ってくれていた。 家ではおまるに興味をもって座ってみたりもするが、 まだまだ実際におしっこをすることはない。 そんな中、息子氏を迎えに行ったときにベテランっぽい保育士の先生から 一時的にトイレッ…

久しぶりの発熱

一時期は、平成・令和の乱 が起こったり、 ひたすら病児保育のいきまくったりした息子氏も今は昔。 新型コロナウイルスの広がりも何のその、ほとんど休まない元気な息子氏に育っていた。 ・・・と思っていたら、今週末の土曜、久しぶりの38℃越え。 日曜日も3…

散歩とサンライダーと体力

緊急時代宣言解除後も、外出自粛ムードは広がったまま。 そんな中、息子氏の一番の楽しみは、有難いことに「散歩」。 家の周りでできることで、息子氏のためになるものとして、 誕生日でもなんでもないけど、思い切ってこれを買いました。 そろそろ三輪車に…

おむつ卒業へ向けて

なかなか腰が重かったトイレットトレーニング。 おまるは準備しているけど、なかなか息子氏が興味を持たず、 親側が興味を持たせる工夫も奏功せず、現状維持に甘んじていました。 ただ、息子氏は着実に成長し、すでにおむつはBIGサイズ。 家計的にも、息子氏…

子育てにおいて100%の環境とは

こんな記事を見つけた。 仕事にならないのはあなたのせいじゃない。育児と在宅勤務の両立に、6つのヒント 特に大きくうなずいてしまった一文がこちら 100%整っていない環境で100%のパフォーマンスを目指そうとするよりも、親自身が心身の健康を保つことを最…

緊急事態宣言とエネルギーが有り余る息子氏

ついに発令されました。 特別措置法に基づく緊急事態宣言。 7都府県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県) を対象に4月7日~5月6日の1カ月間、外出自粛を強く要請するとのこと。 その後、4月16日~5月6日に、全都道府県に拡大されま…

みかんみかんみかん

「みかんのうた」というのがある www.youtube.com 最近、我が家でこの歌が脳内リフレインしまくっている。 というのも、この冬に息子氏にみかんを与えて以降、 息子氏がみかんにドはまりし、 毎食後にみかんを求めるようになった。 あげないと「いーちゃん!…

努力が報われますように

前回「口は出すけど何もしてくれない人」として、休校措置に伴う保育所や学童へのしわ寄せについて、補助金が必要だろうと書いた。 (実際には補助金もあったらしいことも加筆した) 一方で、どこの企業・業者も被害を被っているが、 もともと人材不足が懸念…

口は出すけど何もしてくれない人

前回に続き、新型コロナウイルス関連について。 「現場では、口を出すけど何もしてくれない人」は 一番嫌われるというお話。 どこの仕事でもそうだと思うが、 現場では「正論を振りかざすだけで、実際の作業等をする人への配慮がなかったり、作業等を手伝え…

小中高校の休校要請 ⇒ 子育て世帯はどうなる??

「これは子育て世帯(特に、共働き世帯・シングル世帯)にとってはどえらいことやで・・」と思ったニュース。 www.sankei.com そのニュースは、2月27日木曜日の夜、突如やってきた。 木曜日の夜という絶妙な時間。 数日前から休校要請についてはニュースでち…

2歳の誕生日

立春の日に2歳の誕生日を迎えた息子氏。 共働きの平日に誕生日会をしたいという親心の代償は、 必然的なバタバタ。 しかもちょっと体調良くなかったかもな息子氏の関心は、 ケーキよりも飾り(2と書かれたバルーン)にいってしまったり、 残ったケーキを健…

保育所に預けていたほうが病気の治りが良くない?

保育園の先生から、ふとタイトルのようなことを言われた。 専門柄、つい反射的に「そのエビデンスは?」と言いたくなる自分と、 大人としてきちんと堪えてスルーする自分。 保育所は感染症の宝庫なので、次から次に病気にかかるというのは事実。 それは、平…

2度目のクリスマス

いつの間にやら息子氏、2度目のクリスマス。 1度目は頑張って?ケーキも作ったけど、息子氏が食べられる食材も多くなっているので、普通のケーキを購入。 妻も完全断乳が成功しているので、一緒にスパークリングワインをいただきつつ、 キットを使って作成し…

ご飯とカラダ作り

どのご家庭でもあるあるの悩みだと思うのだが、 息子氏には、ご飯をスムーズに食べるときと食べない時の波がある。 特に、緑系の野菜は目にするだけで食べようともしない。 あと、初めて食べる系のものも、食べない。 子どもにとって新しい未知の食べ物は、…

たーたんに気を遣う

私のことを息子氏は「パパ」とよんでくれるようになった。 一方で妻は、「ママ」と呼ばれるのがなんともこそばゆすぎて嫌らしく、 自分のことを最初から「お母さん」と呼ばせようとしていた。 ・・・子どもの言語発達の観点から明らかだが、「パパ」「ママ」…

完全なる断乳、決行

息子氏の子育ての中で、幾度となく、夫婦で話してきたこと。 それが「断乳」。 保育園に入る前から話し合ってきたことで、専門家の意見も聞いてみたりこともある。 その時のとりあえずの結論として、 保育園に上がってからは昼間だけの断乳にして、 寝かしつ…

「たー」はいただきます

最初、ご飯の時に、手を合わせて「たー」という息子氏を見たときは感激しました。 もちろん、ご飯の途中でいきなり「たー」と言って手を合わせたりもします。 そんな多少のエラーはいいんです。 大事なのは、息子氏の前で「いただきます」を大人がしていたの…

食べられるものを食べる

何か月かに1回くらい、保育園で身体測定をしてくれている。 基本的には順調に育ってくれている息子氏なのだが、 今回はなんと、前回比で体重が「-0.95kg」となっていた。 当たり前のことだが、大人なら1kgくらい減るのは大して問題ないというかむしろ歓迎す…

病児保育にいきすぎる

先々月にも息子氏が熱を出しすぎる件は書いてみた。 聞いてはいたものの、保育園に入りたては信じられないくらい熱を出す。 そこで活用しまくっているのが病児保育。 病児保育のうち1つは妻の職場からのアクセスがとてもいいのでよく使っているが、 何かし…

一歳半検診と親の負担

今日は息子氏の一歳半検診だった。 あと数日で一歳半なので感慨深いような。 それどころでもないような。 私は月初めの全体会議に出席しないといけなかったので ヘルプできず、妻と息子氏のみで検診に向かうことになった。 ・・・自分が一緒に行けず妻に負担…

近づいた外食が遠のく

生後半年ほどで初めての外食に行って以降、 イオンだったり、居酒屋だったり、レストランだったりを経験してきている息子氏。 ただ先週・先々週と、外食に行ったけど早々に中断したり、 順番待ち中に諦めたりすることが重なった。 ・・・その理由は「大声」…

子育てを代われる人

※世の中には様々な事情で、結婚をしていない人・子どもがいない人がいることは 重々承知しており、もしかしたら今回の記事はそれらの方々に不快な思いを させるかもしれません。今回の記事については、そのことをふまえた上で、 読み進めたい人だけ読み進め…

発熱、発熱。そして病児保育へ。

我が家の平成・令和の乱を経て、息子氏は少しは 戦果としての「免疫」を身につけてくれたかと思いきや・・ 5月17日(金)朝に発熱して一日休み 5月24日(金)途中で発熱して早退 ・・と、平日5日間を平熱で過ごせない=保育園に通えない日々が続く。 この二…

子育ては母親のもの?

職場で「実際、子育てって母親のもの、みたいな感じってあるじゃないですか」 という話をされた。 それを私に言うっていうことは、暗に私がとっていた 育児休業を批判している!?と思わなくもなかったが、 そこはスルーしようと思いつつ。 ただ発言者は職場…

入園

今日、息子氏が保育園に無事入園した。 思えば、保育園の事前見学をしたり、 都市圏に住む親御さんよりは断然少ないだろうが 第一希望以外の保育園を回って保活っぽいことをしたり、 第一希望の保育園の合格通知をもらって一安心したり、 入園前検診やら諸々…

子育て支援の目標について

私が育児休業を取った裏テーマとして、 「子育て支援に携わる者として、子育てに当事者としてしっかり向き合ってみたい」 というものがあった。 同じ立場にならないとその人の本当の心情はわからない、っていってしまうと、 全ての人の人生を経験できるわけ…

子育てはみんなでするもの、だった

子育ては一人でするのでなくチームでするものという確信に至った私。 そもそも、核家族でのワンオペ育児が主流になったのは 戦後日本のみであり、人類の歴史から言うと子どもを 「共同養育」をしていた時期のほうが長い、みたいな言説を どこかで聞いたこと…

育児は仕事の役に立つ

こんな本を、育児休業中に読んだ。 (画像はAmazonより) タイトルにもなっている「育児は仕事の役に立つ」という結論は、 読んでみても、至極納得いくものだった。 著者からすれば「そんな浅い理解してるんじゃねーよ!」っていう 飛び蹴りが来るかもしれな…

そして父になる

映画「そして父になる」を見て、なんかいろいろな思いをもちつつ、 まとまらないまま、実は数か月が経過していたのだが、 育児休業を終えていくにあたり、少しまとめてみようと思った。 この映画は、現実にも生じたことがある乳児取り違え事件を参考にしたも…

母乳外来

授乳が痛くてたまらないのと、断乳についての相談をするために、 妻は初めて母乳外来なるものに行ってきた。 妻が色々なブログやネット記事などを見ていると、母乳外来で 溜まっている母乳を絞りだすのは「ものすんごく痛い」らしかったので 大いにビビりつ…