元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

「となりのトトロ」を見て、「子育て支援の在り方」を思いついた

 

 

・・・・タイトルだけ見たら、見事に訳が分からない。

ので、ちゃんと解説します。

 

 

 

自分が生業としている(と勝手に思っている!?)

子育て支援」の在り方というか目標って何だろうな、と

普段から何となく考えていたことと、

最近金曜ロードショーで再放送されていた

となりのトトロ」の中で描かれているテーマ

自分の中で重なったので、メモしておくことにしたんです。

 

結論として、子育て支援の在り方・目標とは、

家庭の中で「やるべきこと」を減らし、「やりたいこと」を増やす

ことだと思います。

 

以下、そのように思うに至った思考の軌跡。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

世代を超えて愛される名作

スタジオジブリとなりのトトロ」。

 

f:id:you-n77:20200822080640p:plain (画像はAmazonから)


ちなみに息子氏も、妻が実家から持ってきていた

「となりのトトロ」のアニメ絵本に結構はまり、

そこそこ読み終えるの時間がかかるのに、

朝の時間がない中に読んで欲しがったりして

朝からひと悶着がしばしばだったりする。

(ちなみに息子氏が絵本を読んで欲しがるのは妻に集中しており、

 ひと悶着の相手も妻に集中してしまっている。お疲れ様です)

 

気づけば我が家の2020年カレンダーにも「となりのトトロ」

選出されていたりもする。

f:id:you-n77:20200822081211p:plain (画像はAmazonから)

 

そんな我が家になじみが深い「となりのトトロ」だが、

 息子氏はまだ映画版を見る機会を逸していたので、

最近、金曜ロードショーで再放送されたのを録画した。

 

「トトロ!!」と興奮しっぱなしの息子氏を微笑ましく見ている一方で、

職業柄、お姉ちゃんのサツキが、まだ小学生なのに、

お母さんに代わっていつも妹のメイの世話や家事に

翻弄されているのが気にかかった。

 

いわゆるヤングケアラー(young carer)である。

 

ただ、そんなサツキとメイが「トトロ」に会い、

二人がワクワクドキドキ楽しい時間を一緒に提供した。

 

それは、いつも親役割を担わざるを得ないサツキが、

心から子どもに戻れる貴重な時間だった。

 

 

 

もちろん「となりのトトロ」のテーマはそれ以外にもあるだろうが、

私がそういったテーマを感じ取ったものとして、

とりあえず話を子育て支援に戻す。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日本の子育て環境は、決して恵まれてはいない。

 

子どもの子育てが核家族の家庭中心で行われるようになり、

地域で子どもが自由に遊べる環境も限られ、

バスや電車で泣く子どもがいると、親が肩身の狭い思いをする。

そんな子育て「文化」が日本にはある。

 

そして「制度」においても 

保育園に入るためにも保活が必要で、

待機児童の問題もあり、うまくいかない。

 

高校や大学にまでいかせるのも家庭で負担する費用は大きく、

多くの親は共働きをせざるを得ないが、働き方改革もなかなか浸透せず、

長時間労働がまかり通りやすい。

 

未就学児を子育て中の家庭で、テレワークなんて無理ゲーの極みです。

 

そんな中で、親は、限りある資源の中で四苦八苦しながら、

時間と「やるべきこと」に追われて何とか生活している。

 

 

自分のキャパシティ以上に「やるべきこと」に追われていると、

人間、余裕をなくし、イライラし、荒んでいく、

というのは自然の摂理だと思う。

 

そんな中で「楽しく笑顔で、愛情いっぱいに子育て」なんて無理。

 

ただ子どもにとって、そんな子育て環境が大切なのも事実。

 

となると、子育て支援の在り方としては、まず、

家庭の中で「やるべきこと」を減らすこと。

 

その弊害となるのは、「子育ては~であるべき」とか

「親は~じゃないといけない」みたいな、

根拠がよくわからない「べき志向」。

 

もちろん子育てにおいて外せない事柄というのはいろいろあるだろうが、

ちゃんと根拠をもとに、子どもに必要なのはどういうことか、

問い直していく必要がある。

 

そして、子どもに必要なのが、

ある程度、栄養バランスが取れた食事やら、整理整頓された住環境だとする。

 

それも、親が全てをする必要はない。

宅食やら家事代行のサービスを使ったり、

ルンバやらブラーバやら、食洗機やら乾燥機能付き洗濯機やら、

何だって使えるものは使ったらいい。

 

そして親が「やるべきこと」を減らすことで得た貴重な時間は、

親が子どもと一緒に楽しめる時間や、

親自身が自分の人生を充実させるための時間など、

親が 「楽しめること」「やりたいこと」を増やすことに

充てられるようであってほしい。

 

その結果、子どもの前で、親が笑える/穏やかに過ごせる時間が増える。 

 

となりのトトロでサツキは、メイの世話を率先してやっているが、

自分も友だちと遊びたい思いもある、病気の母の体調が心配になることもある。

 

実際にサツキがメイを怒鳴りつける場面もいくつかあるが、

それはサツキのせいだろうか?

サツキは、日々頑張っている。そういう時だってある。

 

子どもと大人では意味が違う!みたいな反論もあるかもしれないが、

子どもと大人なんて、大人の都合で便宜上分けられているだけで、

人間としての違いや本質の差なんて、大してない。

 

 

この環境下で、「やるべきこと」に追われるのは仕方ないが、

可能な限り、それを減らす努力を本人も周りもして、

最終的に本人が「やりたいこと」「楽しめること」ができる時間が増えてほしい。

 

そのことが子育てにおいても良い効果を生むはずであり、

それが子育て支援の在り方、目標となる。

 

 

・・・こんな思考に至れる「となりのトトロ」は、やはり名作だ。

 

 

ビニールプールに飽きてしまったら・・・


新型コロナウイルスにより、世のご家庭にもれず、

外出の選択肢が大幅に削られています。

 

夏といえば海やらプールに連れて行ってあげたいところだが、それもなかなか叶わない。

正直なところ、私自身、海やプールにいきたい。



そんな息子氏連れの外出の、第一選択肢は「散歩」。


費用面と息子氏の満足感を考えたら、一番コスパが良い。
息子氏も、なんなら保育園から帰ってくると同時に、「散歩!!」と叫び、
大人を強制的に散歩に誘う。大人が誘いに乗ってこなければ泣き叫ぶ。


・・・ただ、猛暑日の日中の散歩は、大人側のコストがでかすぎる。

8月から、一日休みの猛暑日には、家の小さな庭でビニールプールを展開することにした。

大人側としてはドヤ感を出しながら準備するのだが、当の息子氏はもって30分。
早かったら10分程度で飽きる。

はい、手詰まり。

・・・となっているわけにもいかないので、100均ショップで、水鉄砲やら、水風船やら、釣りのおもちゃやらをコソコソ買いながら、小出しにしながら、なんとか時間を持たせる。


時間を持たせるだけではなく、大人だって、

パーっと出かけたい(出かけさせてあげたい)んですぜ、息子氏。

 

模倣と結果

息子氏が2歳になったくらいから、お風呂場に100均で買ったひらがな表を貼っていた。

Amazon.co.jp: 小久保 ユニットバスで覚える おふろポスター ひらがな ...

 

息子氏はわかるものから「ライオン!」「さる!」という絵を読んでいて、大人がたまに「あ・い・う・え・お」など読み聞かせたり、書かれた絵について話していた。

当然のごとく、息子氏は何か月間も「??」という感じで、
大人側の一方的な言葉かけで、不毛な感じすら漂っていた。

しかしここ数週間ほど、息子氏の中で何やらコツをつかんだようで、気づけば
・表を指さしながら「あ・い・う・え・お」から50音全部言える、
・行を飛ばして読めるようになる。例えば「あ行」の後に「ら行」を読んだりできる、

・なんなら逆に読んだりできる。例えば「お・え・う・い・あ」みたいなことができる、
ようになっていた。

 


さらに、最近、欲しいものについて「~ちょーだい」と言えるようになった。

それまでは夕食時に毎回食べたがるみかんについて、「みかん!」と大声で言うだけだったのが、「みかん、ちょーだい」と言えるようになった。

これも、「叫ぶんじゃなくって、みかんちょーだいって言って」と繰り返し伝えていたのが、急にできるようになった。


息子氏は、タイミングが合えば、大人側の声かけをちゃんと模倣できる。

一時的には不毛っぽくても、本人ができるようになるタイミングは
大人側からはなかなかわからないので、時期を伺いつつ、
その時々で適切な声掛けは大切なのだろうなぁ、としみじみ思った。

あときちんと言葉にできた後には、大人側の褒めッセージや、要求したものを、
きちんと提供してあげるのも大事。

今の段階は、ちょっとあげすぎるくらいでちょうどいい・・・はず。


そう思いながら、毎食後にみかんをあげている我が家は、なんだか甘酸っぱい。

トイレットトレーニングの中断と新たな?工夫

 

 GW空け頃から、保育園でトイレットトレーニングを行ってくれていた

 

家ではおまるに興味をもって座ってみたりもするが、

まだまだ実際におしっこをすることはない。

 

そんな中、息子氏を迎えに行ったときにベテランっぽい保育士の先生から

一時的にトイレットトレーニングを中断する旨を言い渡された。

 

聞くところによると、以前にいた部屋ではおまるに座る時もあったのだが、

今いるお部屋ではまったくおまるに座らず、

座らせようとしたらとにかくギャン泣き。

レーニングパンツはひたすらおもらしのためだけに使われており、

トイレットトレーニングに対する息子氏のストレスがあまりにも強いため、

やむなく中断し、まだ様子を見て再開、といったようなことを言われた。

 

経験豊富な保育園の先生でも難しいかぁ、そら家でもなかなか進まないわけだ。

 

なんていう物わかりの良さを示してみたものの、

このままでもいけないことはわかるので、家でできる工夫はないか、

保育園の先生に甘えて、自分で調べる努力を怠っていた自分を戒めつつ、

 改めて色々とググってみた。

 

行き着いた先がこちら。

トイレトレーニングはいつから? 時期・やり方・進め方などコツを教えます|ベネッセ教育情報サイト

 

結論として、

トイレットトレーニングを楽しい雰囲気で学べるよう、 

不朽の名作「ノンタンおしっこしーしー」を購入。 

f:id:you-n77:20200731011641p:plain



息子氏、異様にこの絵本への食いつきがいい。

 

購入当日から一日に複数回、同じ絵本を読まされている妻がいる。

 

 

・・・さすが不朽の名作、と思いきや、考えたらこれだけ有名な本は

おそらく保育園にもあるので、息子氏からしたら単なる慣れ親しんだ絵本、

というだけかもしれない。

 

 

・・・・今更ながら

「ちゃんと保育園と連携して息子氏を子育てしていこう」

と改めて思いました。

 

いつもありがとうございます。本当に。

息子氏の言葉の意味

息子氏はここ数か月で、数字を数えだしたり要求を示してみたり

親に可愛いコミュニケーションをとってきたり

いろいろと言葉のバリエーションが増えてきた。

 

 

他にも、

「あー、あかしんごうだー」と、赤でも青でも信号があれば指差して言ってみたり、

「パパ、あっち行ったー」と三語文ぽいことを言ってみたり

「やぁ!せんせー」と小気味いい挨拶をしてみたりしている。

 

工事現場で働く車はお気に入りで、パワーショベルを「ぱーしょ!」

トラックは「らっくー!」、クレーンを「れーん!」など、

大人が見つけるより早く、見つけて叫ぶ。

 

 

ただこういった、わかりやすい言葉の場合はいいのだが、

まだまだ宇宙語か?というくらいの文字に起こすのも難しい言葉も多い。

 

 

ただ息子時は明らかに意図をもって言葉を発しているので、

その宇宙語にも、何か意味はあるのだと思う。

 

その意味を、もしかしてこういうことか?と推測していくのだが、

最近ようやく解読できた言葉がある。

 

 

「ぱぱーぺしーなのー」

 

 

散歩したいのに家に入れられたり、ちょっと注意されたり、

何やら欲求不満な時によく言っていた言葉。

 

パパと呼ばれているのは分かるが、「ぺしーなのー」がわからなかった。

 

 

・・・息子氏は欲求不満な時やイライラした時、自分を抑えられずに

思わず親を叩いてしまうことがある。

 

そんなときに「ぺしーしちゃだめでしょ!」と怒られている。

 

そこで、閃いた。

 

息子氏にとって、「ぺしー」はダメなこと・いけないこと、罰を与えること、みたいな意味。

 

 

つまり、「パパ、おいらがやりたいことをやらせなかったらダメでやんしょ!」と怒っているのだ。

 

 

 

 

・・・・よし、次からは「そんなこと言う息子氏がぺしーなのー」って言い返してやろう。

 

やはり子育て世帯が苦しんでいる

これまでにも新型コロナウイルスに関連する報道から考えたこととして、

子育て世帯が大変だということは何度か書いてきた。

小中高校の休校要請 ⇒ 子育て世帯はどうなる??

口は出すけど何もしてくれない人

 ・子育てにおいて100%の環境とは

 

 

この記事で改めて思ったこと。

www.asahi.com

 

仕事の業種とか関係なく「子育てをしている」という属性があるだけで

飯を食うにも困る人の増加が生じるというのは、

ウイルスだけが原因ではない、と強く思う。

 

 

どげんかせんとあかん。

 

 

自分の誕生日プレゼントの選び方

不肖、私は今週に39歳の誕生日を迎えます。

 

妻に何が欲しい?って聞かれました。

 

迷わず「時間!!!」と答えたくもなりましたが、

妻に協力してもらいながら、自分が工夫したらいいことだし、

何より、おそらく妻が期待する応えでは全くない。

 

 

自分の身のまわりの物は思いつかず、いろいろと熟慮した結果、

たどり着いた答え。

 

 

・・・「息子氏を乗せられる電動自転車!!」

 

これしかない。

 

いや、これしかないのか、自分。

 

それでいいのか、自分。

 

 

・・・・いいんです!!

 

 

ということで、決定。次の週末に見に行くことにした。

 

 

ほしい理由としては、車を出す以外で息子氏と私も妻も出かける手立てがほしいなぁとか、

息子氏とちょっとそこまで、というときに車はかえって不便だったりするときもあるから。

 

あとは、妻はペーパー&ゴールド免許の所持者で、

運転免許はとったものの、「一生運転はしないと決めた」人なので、

ちょっと出かけるにも私が動員されるという意味で、

妻も運転できる電動自転車が我が家に入れば、

結果的に自分の時間が増えることにもつながるから。

 

 

 

兎にも角にも、誕生日プレゼントの選び方からし

昔からずいぶん変化した自分自身に、

精いっぱいのHappy Birthdayを贈りたい。