元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

デジタル庁に真っ先にしてほしいこと

 

娘氏が、来月で1歳になる・・・めでたいめでたい。

 

というのはさておき、娘氏が1歳になるまでを予定していた、

妻の育児休業がもうすぐ終わる。

 

 

 

・・・ということは、保育園の申込みだ!!

 

分かってはいながら、書類の準備が遅れていた。

 

慌ててしまうまで置いておいたのは自分たちの責任なのだが

どこにぶつけるでもない憤りをしたためておきたい。

 

 

・・・子どもが入園するとか何かしらの手続きをするたびに、

何枚も何枚も、どこぞで書いたことのある情報ばかりを

「手書き」で書かないといけないの、まじでなんとかならへんやろか。

 

ちなみに今回の入園では、10枚くらい書いたし、

かかりつけ医に書いてもらう書類もあったが気づいたときには

もうその医院は閉まっていて「どうしよう!」

「明日仕事前にちょっとだけ寄ってくるわ!」

「先生がコロナにかかってお休みやって!!」

みたいな会話を夫婦でしながら、とにかくバタバタしながら準備して、

何とか間に合わせることができた。

 

 

・・・余裕をもって準備したほうがいいのは分かる。

ただ、個人情報だかしらんけど、予防接種歴とか、どこの病院で生まれたかとか、

何か月で寝返ったとかしゃべり始めたとか。

そこらへんの変わらない情報を、何回も、何回も、手書きで書かない

といけないのは、マジで苦痛。

 

徒労感ばかりが募るし、そういった書類が回ってくるたびに、

もういい加減にして!!と言いたくなる気持ちを抑えながら

手を動かしている。これは厳然たる親あるあるだと思う。

 

 

同じこと書いているので、健診やらの情報をコピーしておいて、

それに間違いがないかだけ確認して、提出するとかでもいい。

 

 

なんなら、情報をデータ化しておいて、バーコードとかでピッと

読み取れるようにしてくれたら、めちゃんこ助かる。

 

 

・・・デジタル庁さん、頑張って子育てしている親を応援するために、

そこらへんの仕組みを整えてくれたら、まじで一生ついていきます。

 

 

 

家事の時間<育児の時間

 

息子氏が生まれてから半年足らずの時期に、

「家事と育児は、そもそも別のタスクだし、

どちらも行えることは当たり前ではない!!」と悟った。

childcare-support.hatenablog.jp

 

 

そして、議論を一歩進めて、家事と育児、

どちらにより時間とエネルギーを費やすべきか考えたら、

圧倒的に「育児」のほうだと確信している。

 

 

 

我が家では、家事については時短の方略を厭わず、

家で出来る工夫や具体的サービスの導入をできる限り行っている。

 

・・・それでも、食事とその片付け、掃除や次の日の準備などの

家事を行うだけで結構な時間が費やされる。

 

そんな中でも、なんとか子どもたちと話したり遊んだり、

子どもたちがちょっとぼーっとしたりゆっくり遊んだりできるような、

そんな時間が、少しでも確保できるようにしている。

 

つまり、日々の生活の中で、頑張って「余裕・ゆとり」を作り出そうとしている。

 

 

・・・ゆとりのある生活なんて、そう簡単には手に入らない。

 

親が持つ知識や知恵を総動員して、

かけられるコストや資源をできる限り活用していくしかない。

 

 

それでも、私は、子どもに「今は忙しいから無理!」なんて

言葉ばかりかける大人には、決してなりたくなかった。

 

いつも忙しそうで、本当は一緒に遊びたいのに、

一緒に遊ぼうと声をかけることすら

子どもが躊躇してしまうような大人にはなりたくなかった。

 

 

家事は、その気になってコストをかければいくらでも代えがきく。

徹底的に効率化していいとすら思う。

 

でも目の前の子どもとの関わりは、

効率化してはいけないし、効率化できるものではない。

 

 

なので、家事の時間<育児の時間でありたいし、

それが子どものためになると、信じたい。

 

 

初語はどれだ?再び

 

前回に続き、再びシリーズ、再び。

 

今度は、初語がどれなのだ、というのが再び。

childcare-support.hatenablog.jp

 

息子氏のときは、1歳半近くでそういえば初語はどれだ?という話になったので、

娘氏は1歳前に初語はどれだと探しているあたり、

女の子のほうが言語発達が早い傾向というのをしっかり踏襲しているようだ。

 

 

・・・というのはさておき。

意味を分かって使っておるな、という言葉を探すと、

娘氏は、自分のことを「パパパパ」的にpaの連続音でよく呼ぶ。

 

これは、娘の父親憧れの(?)、「パパ」が初語ってことでいいんじゃない?

 

・・と妻にいったら、却下された。

 

そんなパパの夢が散ったところで、もっと明確に発している言葉があった。

 

「(いないいない)ばあっ!」である。

 

そういや息子氏もこれくらいの時期、いないいないばぁで

親とコミュニケーションとるの好きやったなぁ。

そして親も鼻血が出るくらい可愛い息子氏に、よくやっていたなぁ。

 

 

そして娘氏は、「いないいないばぁ」という言葉を

完全に自分のものにしている。

 

具体的には、ベビーゲートやら物陰やらにこんな感じに隠れて、

大人が「いないいない・・・」と言うと、

「ばぁ!」と言いながら笑顔を見せてくれる。

 

 

子どもの顔はブログに載せない主義なのだが、

鼻血が出尽くすくらい可愛いことだけは保証しておく。

 

パチパチ、再び

 

無事に生後10か月ほどに育っている娘氏。

 

息子氏と同じく生後8か月ごろにつかまり立ちができるようになった娘氏は、

これまた息子氏と同じくらいの時期で、パチパチができるようになった。

childcare-support.hatenablog.jp

 

こちらがパチパチと言ったり拍手してみせると、

娘氏も、とにかくパチパチ~と拍手して返してくれる。

コミュニケーションが取れている感じがすごく楽しい。

 

 

振り返ると、ほぼ同じことを息子氏の時にも書いていた。

 

その時は、親と息子氏がパチパチしあっていたが、

ちょっとした変化としては、息子氏も、妹・娘氏にパチパチしてみせていること。

 

 

 

・・・息子氏よ、お前も娘氏とコミュニケーションが取れて楽しいんだな。

 

うんうん、わかるよー、その気持ち。とっても。

 

 

 

・・・そうやって、我が家の中で、たびたび拍手が鳴りやまない時間が訪れる。

 

いいじゃないか、可愛いんだもの。

 

 

 

いえイェイ!!

 

約2年半前、育児休業中に家を購入した我が家。

 

そんなとき、N●Kさんでよく流れていた歌がこちら。

www.youtube.com

 

「いえイェイ!!」とはよく言ったもので。

 

家を買ったタイミングで、息子氏と共にいえイェイ!!いうてたなぁと懐かしむ。

 

 

そんなとき、久しぶりにN●Kさんから、いえイェイの歌が流れてきた。

息子氏、覚えているのか即興で歌を合わせてくる。

 

これまた懐かしい。

 

どうやら我が家は、今日もいえイェイ!!なようだ。

 

 

 

 

 

よそで言うなよ・・

 

息子氏は、印象的な出来事があると、かみしめるように何度もリフレインする。

 

ひたすら恐竜博物館にいきたがるのも一つ。

 

リフレインされてばかりだと困ってしまうのだが、

家の中で収まっていればまだよい。

 

最近、冷蔵庫の中で、息子氏が好きなイチゴがかびてしまい、

やむなく捨てたことがあった。

 

すると息子氏は、ことあるごとに

「きのうイチゴかびてたなー」というようになった。

 

・・・息子氏、もうそれは何日も前なのに毎日いうんじゃぁない。

 

毎日イチゴをかびさせている、全く学習しない一家になるやないか。

 

遠くへ行きたい息子氏

 

先月、福井の恐竜博物館に行ってきた。

 

それはそれは息子氏の恐竜熱が高まりまくりで

喜ぶ息子氏が微笑ましかったのだが、

熱が高止まりして、困っている。

 

 

保育園の送迎で車に乗ったら

「よし、恐竜博物館いこっか!」と言ってくることが日常になった。

 

遠いのでそんなすぐ行けるわけではないと冷静に伝えるも

「じゃぁ土曜にいこっか!」と、行く前提は決して崩さない息子氏。

 

 

・・・予定していなかったけど、今年中にもう一回くらいいくかな。