育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

肩への重荷

 

息子氏は、一時期よりは成長スピードが緩まったものの、

その体重は、成長曲線をはみ出たり、ぎりぎりはみ出なかったり、

成長曲線の上側をサーフィンしている。

 

なので、息子氏が自力で座ったり移動が出来なかったりした頃は

ずっと抱っこしっぱなしで背中を痛めたりもしていた。

 

それが抱っこだけでなくおんぶでもよくなったり

息子氏も自力で動けたりするようになって、身体的負担は多少分散したものの、

変わらず息子氏は抱っこが大好き。

暇になると、妻より背が高い私の抱っこを求めてくることも多い。

 

 

そして、順調に成長している息子氏がヘビー級であることも変わりない。

 

・・・結果として、この半年ほどは、それまでは

ほぼ全く気にしたことがなかった「肩こり」が持病となった

 

あまりにもひどくて頭痛もマッサージ通いが欠かせなくなっている。

・・・情けないなぁ。

 

けど、決して若くない身体、少しずつでも運動をして、

息子氏をいろんな意味で重荷に感じずに済むよう、頑張っていきたい。