育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

溜まりがちな息子氏と最終兵器

 

離乳食を始めてから、息子氏の便の「粘度」が上がっていた。

 

さらに離乳食を2回食に増やしてから、息子氏の便は、溜まりがちになった。

 

 

2回食に始めた次の日から、丸4日便が出なかったりもした。

 

息子氏としては、お腹が張ってきているのは触ってくらいになりつつも、特別に機嫌が悪くなるということもないまま過ごしていた。

 

ただ、親二人としては、ひたすら心配。

 

 

 

そこで、あいつに帰ってきてもらうことにした。

 

限界を超えて活躍してもらったのに、別室に追いやられていたあいつに。

 

 

・・・体感的にはわかっていたものの、あまり言うのははばかられていた法則。

「BUMBOに座ると、便が出やすい」

ということ。

 

 

腹圧がかかったりするせいとかいろいろ言われているらしいが、実際の所はよくわからない。

ただ子育てのブログとかを見ていると、結構あるあるらしい。

 

使い始めたころはそうとは知らずに、オムツから漏れ出たうんちに

大人側が悲鳴をあげることが多かった。

 

 

そんなBUMBOは、気づけば息子氏の便秘に対する最終兵器となっていた。

 

 

・・・別室からBUMBOを持ってきて、むっちむちの太ももを押し込みぎみに

息子氏に座ってもらう。

 

 

10分ほど経ったかというとき。

 

派手にやってくれました。

 

そして大人二人は歓声をあげましたとさ。

めでたし、めでたし。

 

・・・今でも便は溜まりがちですが、息子氏の腸も頑張ってくれているみたいで、長くて1日空いたら出るかな、くらい。

 

 

まぁもしまた何日か便が溜まっても、大丈夫。

 

 

だってうちにはBUMBOがいてくれるから。