育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

べんべんべべん

※今回の記事は息子氏の「便」に関するエピソードを2つ述べますので、食事中にblogを眺めていたり不快になりそうな方は読み進めないでください。

 

 

①小さい方

 

ある朝の出来事。

(私は用事があり朝からでかけており不在にしていた)

 

目覚めた妻が息子氏のオムツを変えようとして、夜間の尿でたっぱんたっぱんになっているオムツを脱がせて、新しいオムツを準備。

 

 

息子氏はすでに覚醒しており、タンスにつかまり立ちをしていた。

 

新しいオムツを手にしている妻のほうを息子氏が振り返り「エヘ♡」と満面の笑み。

 

 

・・・とともにタンスに向かって勢いよく放尿する息子氏。

 

「エヘ♡」とジャー!がほぼ同時。

一旦止まったかと思えば、また「エヘへ♡」&ジャジャー!!

 

 

妻、息子氏の可愛い笑顔に気を取られ、タンスと、その下の畳を濡らしていく尿への反応が遅れ、一瞬、何が起きているのかわからなくなる。

 

 

妻の一言「あんなに可愛い息子氏の笑顔が、悪魔の微笑みに見えた」

    「人間、初めてのことが起こるととっさに反応できない」

 

 

・・・そらそうだ。

 

 

 

②大きい方

 

息子氏は最近、固形のうんちをしっかりする。

離乳食が始まって一時期は便秘気味だった息子氏も、今やほぼ毎日うんちをされるようになっている。

 

その分、大人側としては、お尻をきれいに拭いてあげたいのだが、息子氏の抵抗に日々苦しめられている。

 

というのも、息子氏としては、お尻を拭かれるのは違和感がありまくりなようで、肛門付近をお尻の肉に隠すべく、大臀筋をフル活用して、お尻に力を入れてお尻を拭かれまいと抵抗する。

 

親側としては、早く終わらせてきれいにしたいのに、息子氏の抵抗にあうため、余計に時間がかかる、という悪循環が度々起こる。

 

 

妻の一言「お尻に力入れたらお尻ふけへんやん!」

 

 

・・・うん、そらそうだ。

 

 

 

 

息子氏の便の対応は毎日のことではあるが、毎日繰り返していることであっても、こうやって便に振り回される日もある。

 

 

「便」という生理的現象だからこそ、時として予想外のことはおこる。

 

 

それも、大切な生活の1ページだったりもする・・なんてなかなか思えないなぁ。

 

わかっちゃいても、大変なものは大変なのです。