育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

嘔吐事件

数日前の夜・・・事件は起こった。

 

夜12時頃に起きた息子氏を再度寝かしつけていた、妻からの悲鳴。

 

妻によると、息子氏が、なんかオエッと気持ち悪そうな感じがしているかと思ったら、

布団に、白いドロッとした液体を嘔吐したと。

 

布団とシーツを総とっかえ。

 

息子氏自体は元気そうなので、10分くらいして、再度、妻に寝かしつけてもらう。

 

・・・再度妻からの悲鳴。

 

 

今度は噴水みたいに白い液体を吐いたと。

 

再度、布団とシーツを総とっかえ。

 

 

再々度吐いたときのために、夜間でお隣さんには申し訳ないがシーツを洗濯。

+息子氏の布団にバスタオルを敷いておく。

 

 

・・・ただ、息子氏は元気。

検温しても、いたって平熱。

 

 

 

明日朝の通院を考慮に入れつつ、思い当たる原因を考える。

 

 

離乳食を始めたころから、便秘気味な息子氏

そういえば、3日間便が出ていないので、お腹は平常時より張っている。

 

ただ食欲はある。夕食は6時間ほど前に、パクパク食べていた。

その時に食べたのは・・・バナナと調乳ミルクのパン粥。

初めてメニューだけど、食材としてはどれもクリアしている。

 

 

・・・暫定的な結論。

 

おそらく、今の息子氏の胃腸にはパン粥がやや重たく、消化不良を起こした。

 

本当に食材にあたったりアレルギーなら、何かしらの症状や体調変化があるはず。

 

明日朝まで様子を見て、変化があればすぐ受診しようと話し合う。

 

 

・・・翌日そこには、いつも以上に元気な息子氏。

 

そして昼頃、そりゃあもうしっかりとした形状のう〇ちを出さはりました。

 

直径10cmくらいの固体をしっかりと。

別に柔らかすぎたり固すぎることもなく、健康な、う〇ち。

 

 

 

ま、これがお腹にあったらそりゃ苦しいな。

 

 

 

相変わらず、溜めがちな息子氏。

離乳食を始めていくと、う〇ちの形状は固まってくるらしいので

あまり気にしないでおこう

(参考:5〜8か月のうんち|赤ちゃん&子育てインフォ

 

 

あと、便秘3日目のときはもう少しあっさりとした食事にしてやろう。

 

 

そんな小さな決意がうまれた、嘔吐事件。