元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

「手抜き」ができない

私はもともと、変に完璧主義なところがある。

なので、家事も育児もなかなか「手が抜けない」

 

 

妻から「もっとさぼれ!」と言われたこともあったなぁ。

ブログを遡ったら2年半前。

 

・・・なかなか進歩のない奴だ。我ながら。

 

 

とはいえ、思うように家事が進まないとイライラするし、

そのイライラは、自分が思うように家事を進めてくれていない妻にも

矛先が向いたりして、勝手に不信感を募らせてしまったりもする。

 

「なぜ、あと一滴程度の醤油を補充しない?昨日料理で使っていたやろ?」

「おやつを食べる前に、明日出す燃えるゴミをなぜまとめない?」

 

そんな疑問が日々頭をよぎる。

 

妻に伝えたところで「ごめん!後でやろうと思ってた!」「忘れてた!」的な発言ばかりだったりするし、さらにネチネチ言ったところで、改善もされないし、雰囲気を悪くするだけだとわかっている。

 

何度その発言を繰り返す?私がやることが当たり前だと思っているやろ?

 

・・・と、自分の闇の声が、心の奥底から滲み出てくる。

たまにネットやSNSで流れてくる”家事への理解がない夫”に対する妻の嘆きによく似た声のような気がする。

 

 

・・・ぶっちゃけ、職場で家事をすることもあるため私のほうが「家事」に慣れていることもあry。

自分が家事をするほうが早いし、手際もいい。

そして仕事でやっている分、要求水準は家庭より高くなってしまっている。

 

自分が手を抜くと、おそらく手を付けられないまま放置され、ただ日々が過ぎていくだけのような気もしている。

・・・それが怖いのかもしれない。

 

 

 

言っても改善されず、放置しても改善されず、

かといって、自分がやり続けるだけはしんどい。

 

 

もっと手を抜いたほうがいいのはわかっている。

 

もともと、望まれたことは120%でやり遂げようとしてしまう生真面目な自分もいる。

 

その半分、60%くらいでも合格はするのだから、もっと気を抜いても大丈夫なはず。

 

 

頭ではわかっていても、なかなかか「手抜きができない」。

 

以前にも紹介したことのあるブログ「つかれない家族」で、

食事を総菜を買ってすますのは、「手抜き」じゃなくて「息抜き」だ!

といったセリフがあり、何となく印象に残っている。

[ハラユキ]のほしいのは「つかれない家族」 ワンオペ家事&育児に絶望した私が見つけた家族のシアワセ (講談社の実用BOOK)

 

 

・・・・単に自分で「息抜き」ができていないのかもしれない、とふと思う。

 

自分である程度自分の機嫌を取れるようになるのは、大人としての一丁目。

 

 

息も手も、抜いていこう。