元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

さらに、わーるどわいどが広がった春

 

この春、保育園で一つ上のクラスに進級した息子氏は、さらなる進化を遂げていた。

 

 

2月にお風呂場に世界地図と国旗の一覧表を貼りだして早一ヶ月強。

以前記事を書いたときは、30か国ほどの国旗を間違えずに言えてびっくりしていたが、その後もどんどん覚えて覚えて、正直、数は正確に数えられない域に達している。

 

おそらくは100か国くらいは、国旗の名前を記憶して、言えている。

 

 

 

今や、息子氏のボキャブラリーの半分くらいが国名だといっても過言ではない。

 

 

・・・その誘因となったのは、2か月ほど前に覚えさせてみた「これなーに?」と、

お風呂場の表に続き、妻が買ってきた国旗カードである

(画像はAmazonより)

 

 

息子氏がわからない国旗カードを「これなーに?」と持ってきて、

大人が裏面に書いてある国名を伝える、ということを繰り返した結果、

息子氏は、スポンジが水を吸うように国名を覚えていった。

 

 

「シオラレオネとルクセンブルク似てるねぇ」とか、

大人側が言ったことのないセリフを言うようになった。

(そして確かに、似ている)

 

他にも、息子氏から聞いたところによると、

アルジェリアと日本、マレーシアとアメリカ合衆国、インドとニジェール、イタリアとブルガリアインドネシアポーランドモナコ、さらにはスウェーデンギリシャフィンランドアイスランドは、似ているらしい。

(もっと言っているが、正直、覚えられない)

 

 

 

この春に進級した新クラスにも、国旗が書かれた表が貼りだされているらしく、

先生含め、息子氏は周囲に一目置かれるようになった。

 

 

 

・・・何がどうつながるか、わからないもんだなぁ。

 

 

とはいえ実際のところ、まだそこまではっきりと発言できないので、

ジンバブエを「ジンババウ!」と言っていたり、

アラブ首長国連邦を「アラブしゅっちょーぽぽー」と言っていたりする。

 

 

そんな国名噛み噛みな息子氏に「言うてもまだ子どもやなぁ」と、

なんともいえないホッとした感情を持ってしまう自分。

 

 

 

そこには、すでに3歳児に超えられた事実から目を背けている、

器が狭い自分が、確実にいる。

 

 

 

 

・・・・うん、春だなぁ。