元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

野菜を食べるといいことがある

これまで、息子氏用の食事では、野菜を細かく刻んで、

タンパク質に目がいきやすく、かつ栄養バランスがいい食事を

作るようにして、なんとか食べてもらってきた。

 

ただいい加減、分けてご飯を作るのも手間だし、しつけの一環としても、

野菜を見て拒むのではなく、食べられるようにしていく必要性を感じていた。

 

 

そこで、実はこれまでも参考にしていた書籍から知恵を拝借する。

それが「世界に1つだけの子育ての教科書」(著:奥田健次)である。

(画像はAmazonより)

 

知る人ぞ知る、臨床家・行動分析家の名著である。

 

 

背景にある理論は応用行動分析というやつで、

その中でもプレマックの原理、スモールステップの原理に基づく方法なのだが、

要は、好きな食べ物と嫌いな食べ物を一緒に出すのではなく、

嫌いな食べ物を少しでも食べてから、好きな食べ物を出す、ということ。 

 

 

どうしてもこれまでと違う出し方なので、息子氏、荒れる、荒れる。

 

とはいえ、これも「消去バースト」という言葉で説明できる。

 

しばらくは仕方がない。ここで親が折れないのが大事。

 

 

はてさて、いつ頃、定着するかな。