元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

保育参観

先週、息子氏の保育参観へ行ってきた

 

うすいレース越しに、向こうからはこちらが見えないようにして、参観していた。

 

・・・・なんというか、自分たち夫婦以外の人と息子氏がちゃんと社会生活をしている、というだけで感動してしまう

 

先生がみんなに椅子に座るように言って、みんなと同じように椅子に座っている息子氏、保育園のおもちゃで遊んだり、先生に話しかけたり・・・

 

あぁーありがたや、ありがたや。

 

あと、私は聞けなかったが、給食体験ということで、

息子氏たちと普段食べているようなメニューを保護者に食べてもらう、という

取り組みがあり、妻が参加していた。

 

その後、質疑応答で、他の保護者さんから、野菜をどう食べさせているのか、

という質問があったらしい。

 

どこの家庭も、似たような悩みを抱えているんだなぁと思いつつ、

そこで園長先生からの返答の中で、

「保育園での給食の目的は、野菜の味に慣れてもらうことです」

と明言されたそうな。

 

・・・さすが、意識が違う。

 

 

あぁ~ありがたや、ありがたや。