元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

ビニールプールに飽きてしまったら・・・


新型コロナウイルスにより、世のご家庭にもれず、

外出の選択肢が大幅に削られています。

 

夏といえば海やらプールに連れて行ってあげたいところだが、それもなかなか叶わない。

正直なところ、私自身、海やプールにいきたい。



そんな息子氏連れの外出の、第一選択肢は「散歩」。


費用面と息子氏の満足感を考えたら、一番コスパが良い。
息子氏も、なんなら保育園から帰ってくると同時に、「散歩!!」と叫び、
大人を強制的に散歩に誘う。大人が誘いに乗ってこなければ泣き叫ぶ。


・・・ただ、猛暑日の日中の散歩は、大人側のコストがでかすぎる。

8月から、一日休みの猛暑日には、家の小さな庭でビニールプールを展開することにした。

大人側としてはドヤ感を出しながら準備するのだが、当の息子氏はもって30分。
早かったら10分程度で飽きる。

はい、手詰まり。

・・・となっているわけにもいかないので、100均ショップで、水鉄砲やら、水風船やら、釣りのおもちゃやらをコソコソ買いながら、小出しにしながら、なんとか時間を持たせる。


時間を持たせるだけではなく、大人だって、

パーっと出かけたい(出かけさせてあげたい)んですぜ、息子氏。