育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

写真の量

 

息子氏の写真は、1か月平均で200~300枚くらいある。

 

ビバ、デジタル写真時代。

 

もし二人目が生まれたら、何分の一になるんだろうな~なんて思ったり。

 

 

妻とはそれらをLINEのアルバムで共有している一方で、

バックアップとして、パソコンに写真を残している。

 

ただ動画もちょいちょいとるので、すぐにいっぱいになり、

HDDに移し替えたりもしている。

 

 

・・・ただ、気を付けないといけないことがある。

 

 

妻からの苦情。

「私のほうが息子氏と長い時間いるのに、私と息子氏のツーショット写真が少ない!」

 

 

・・・私も、妻と息子氏のツーショット写真を撮っていないわけではないが、

どうしても息子氏単体の写真が多い。

 

家族全員でお出かけするときには、体力的な面もふまえて、

私が息子氏を抱っこしていることが多い。

 

結果、妻と息子氏とのツーショット写真が少なくなっていたようだ。

 

 

だが、私は意識していなかったが、妻は、私と息子氏のツーショット写真を

ちゃんと残しておくように撮っておいてくれているらしい。

 

どうやら、妻も、自分が小さい時、お父さんとの写真はよくあっても

お母さんの写真は少なかったらしい。

 

 

・・・はい、すみません。意識します。

 

 

世のパパたちも、是非、自分より長く子どもの面倒を見てくれている

ママとのツーショット写真を、その実態に近くなるよう、

意識してどんどん撮っていくようにしてあげてください(←誰目線 笑)