元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

繰り返される「ごめんね」「いいよ」

ありがたいことに息子氏は順調に成長しており、力も強くなってきている。

 

ただその一方、息子氏が笑いながら突っ込んできたリ、ペチペチしたりしてくるのも、

シンプルに痛みが増してくる。

 

 

息子氏に悪気はないであろうが、特に痛みに敏感な妻のもとにも、被害は及ぶ。

 

朝方に妻の布団に息子氏が飛び乗る⇒妻「痛い!」と叫ぶ⇒私が驚いて起きる、

みたいなことも増えてきた。

 

それでも息子氏は謝ったり悪びれる様子はない。

 

 

・・・これを子ども同士で当たり前にやるようになってはいけない。

 

 

とはいえ、力の加減はまだまだ不得手な息子氏。

 

 

最悪、やってしまったものは仕方ないにしても、しっかり謝れることをまず目指すことにした。

 

 

実際、朝方に妻が痛がっている横で私が「息子氏、ごめん、って言いなさい」って言っても、絶対に言わない。

 

 

 

 

・・・そこで、謝ることが自然にできるように、一案。

 

 

息子氏は、言葉の模倣がかなり出きるようになってきているので、

まずは息子氏が「ごめんね」という発語機会を増やせるように、

脈絡なく、夫婦で「ごめんね」「いいよ」を言いまくることにした。

 

最初は、息子氏もきょとんとしていたし、「ごめんね」「いいよ」が繰り返される我が家は、少し引いてみたら、異様だったかもしれない。

 

 

 

・・・しかし、1週間後に成果がこんな形で現れた。

 

息子氏「ぱぱ、ごめんね」⇒私「いいよ」

⇒息子氏「たーたん、ごめんね」⇒妻「いいよ」

⇒私/妻「息子氏、ごめんね」⇒息子氏「いいよ」

 

 

こんな遊びのようなコミュニケーションが頻発するようになった我が家。

 

まずは第一段階やな。

 

 

あとは、謝るべき場面でちゃんと「ごめんね」がいえるかどうかだけど、

それにはもう少し時間がかかりそう。

 

 

 

 

その間に、もう一つ覚えさせたいやり取りがある。

 

 

 

私は、Mr.Childrenの名曲「Sign」から、

「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返す重要性を学んだ。 

 

 

 

 

なので次は、「ありがとう」「どういたしまして」を繰り返そうと思っている(←大真面目)