育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

父を乗り越えていく息子氏

息子氏が、朝に親の布団をバンバン叩いて起こしに来ることが、最近の我が家の毎朝の恒例行事となっていた。

 

あと、息子氏の身体発達は、日進月歩である。

 

 

・・・それらが組み合わさった結果。

 

実は私の布団の下には厚さ10㎝くらいのマットレスがひいてあり、息子氏は布団に上半身だけのせて、膝立ちをしてバンバン布団を手で叩いていたのだが、ある日から、布団の上に登れるようになり、私の体の上に乗ってくるようになった

 

 

・・いや、そう聞くと可愛いのだが、少し語弊がある。

 

正確には、私の体の上を乗り超え、布団の反対側で充電されているスマホと充電ケーブルをめがけて進んでいく。

 

なんせ息子氏は、テレビリモコンもやたらと気に入っているが、コード類やらスマホやらにやたらと興味を持つ。

大人が良く触っているからか、フォルムに興味があるのかはよくわからない。

 

 

ただ確実なのは、

父である私を、息子氏は思ったより早く乗り越えていったということと、

私が「体の上に乗っかってきて可愛いやつめ~」と思う間もなく電子機器類に興味を奪われている父の立場のなさったらないってこと。

 

 

・・・朝の恒例行事がより複雑になる、今日この頃。