育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

目覚まし

 

夜は変わらず数時間おきに泣いて起きてきて、妻に負担をかけているが、

かなり睡眠が落ち着いてきた息子氏。

 

朝も、日にはよるものの、6~7時には起きだしてくる。

 

起きてすぐ泣くこともあれば、しばらくゴロンゴロンしていることもある。

 

 

・・・ただ最近は、親たちを「起こしてくる」のが一番多い。

 

ただ泣くこともあるけど、「起こしてくる」というほうがより正確。

 

具体的には、

・柔道の受け身よろしく、自分で両手両足を床にバンバン叩きつける。

・「あー!」「うー!」と大きく喃語を言う。

などがあるが、

・寝返って親の布団の近くに来て、親の布団を手でバンバン叩く。

ことをされたときには、さすがに驚いた。

 

 

朝にめっぽう弱い夫婦二人

息子氏が泣いて起きてくると、強制的に目を覚まさずにはいられないのだが、

こういった起こされ方(特に最後のやつ)は、

「わかったよ~起きるよ~」となってしまう。

 

 

・・・まったくもう、いい目覚ましだぜ。