元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

ごろんごろん

寝返りで連続ローリングができるようになってからはや二ヶ月。

 

オムツを変えるときもいちいち体をひねらせて寝返りをしようとするので、何とも変えにくいことが増えてきた。

 

 

そして、這ったりハイハイはまだだが、時間あたりの移動距離や範囲が伸びてきた

 

観察していると、豚の丸焼きポーズによって、地面と自分との身体との設置面積を小さくして、左右に動きやすくしたり、弾みをつけて寝返りをしやすくしているようだ。

 

・・・おそるべきポテンシャルを秘めた、丸焼きポーズである。

 

 

あと寝ている時も、丸焼きポーズこそしていないものの、筋力がついてきたためか、さっきまで布団に寝ていると思ったら、気づけば180度回転して頭と足が逆になり、布団から落ちている。

いやむしろ、布団の上、そして周りの畳も含めて、寝ているうちに縦横無尽に転がるようになった。

 

・・・息子氏の位置を毎回確認しないと、そのうち踏んでしまう、という恐怖心が芽生える。

 

 

 

そんな自由自在な息子氏に対して、安全のために先日、ベビーゲートを購入した。

 

 

・・・自由には責任が伴うのだ、息子氏。

 

その枠組みの中で、精いっぱい、ごろんごろんするがよい。

 

 

なんて届くわけのない言葉をかけてみる。