元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

鬼滅の刃から「平凡な日常の尊さ」に思いを馳せた正月

・・今年初投稿ですが、昨年の緊急事態宣言の最中に大好きだった祖母を亡くしたので年賀の挨拶はなしで。


年末年始は久しぶりに結構しっかり連休をとったものの、どこにいくでもなく、リモート呑みとリモート帰省を少ししたくらいで、家族とゆっくり過ごすことにしました。

 

この間、「鬼滅の刃」を徹夜で一気読み(初見)したせいか、割とマジメに、ただただ平凡な1日があることに心から感謝しています。


 

 

永遠のように感じられて、でも決して永遠でない。

 

必ずいつか過ぎ去り、思い出になる。

 

 

 

平穏なようで、実際には、薄氷のように、

 

ふとした不条理が起きればなくなってしまう。

 

 

 

なんてことのない「日常」がそこにある。

 

 

 

 

いつもの人と、いつものように、過ごせること。

 

それって決して、当たり前じゃない。

 

 

きっと、失ってはじめてわかる、宝物。

 

失ったときに必ず後悔する、宝物。

 

 

ただ、自分にとって大事な人と、心から笑い合ったり、ただ日常をともにした思い出。

 

その思い出だけで、人は人として生きていける。

 

 

そんな気がした。

 

 

・・うん、我ながら、非常にわかりやすく影響をうけている。

 

 

 

兎にも角にも、不条理に命を脅かされることもあるこの世の中で、

個々の物語を大切に、人間として大事なことを見失わずに生きたいものです。

 

 

 

 

今年もよろしくお願いします。