元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

3度目のクリスマスも受難な息子氏

 

2度目のクリスマスは、口内炎がひどく、真っ赤なお鼻ならぬ、

真っ赤なお口の息子氏くんでした。

 

3度目のクリスマスは、熱もないし、口内炎含めて体調も悪くないし、

仕事の都合で一日早く12/23にParty Night!をすることにしよう。

 

 

・・・と思ったら、Party Nightの当日、

息子氏、まさかのギャン泣き。

 

 

反応を見ていると、両親が被っているサンタの赤い帽子が怖いらしい。

 

↓こういうやつ

f:id:you-n77:20210301004239p:plain

 

両親が帽子を脱いだら、泣き止む。

・・・間違いない。

 

 

 

なんでサンタの帽子が??と思いを馳せる両親の脳裏に、

昨年の節分以降、あまりにも息子氏が寝ないときに

使っていた「赤い鬼のお面」が浮かぶ。

 

 

 

・・・これ、有名な「アルバート坊や」の心理学実験を同じことが起きているかも。

 

白いネズミを怖いと大きな音を条件づけて、子どもに恐怖を感じさせたら、

サンタの白い髭まで怖くなっちゃったやつ。

 

現代では、倫理的に完全にアウトなやつ。

(参考までに解説ページ:発達心理学でもっとも有名な実験:アルバート坊や| 同志社大学 赤ちゃん学研究センター

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

いや、大丈夫だ。

 

息子氏は、ショートケーキに乗った「真っ赤なイチゴ」を食べている。

 

 

・・・念のため、12/25の朝には、プレゼントの上に赤いサンタの帽子を置いておいて、再学習してもらおうかな。

 

 

それでもう大丈夫、なはず(ドキドキ)。