元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

小中高校の休校要請 ⇒ 子育て世帯はどうなる??

 

「これは子育て世帯(特に、共働き世帯・シングル世帯)にとってはどえらいことやで・・」と思ったニュース。

 

www.sankei.com

 

そのニュースは、2月27日木曜日の夜、突如やってきた。

木曜日の夜という絶妙な時間。

 

数日前から休校要請についてはニュースでちらほらでてたけど、

こういった決定・報道のされ方は、学校関係者も寝耳に水だろうし、

たった1日で、学年末を急に締めないといけないし、学校としての方向性を決めたりとかも含めて、前代未聞の事態への対応を求められることになる。

 

職場でもてんやわんや。

今回は保育園・学童保育は対象外とされたとはいえ、子育て真っ最中の我が家としても

他人事だとは到底思えない。

 

 

個人的にも色々な疑問があるのだが、一番の疑問は

「政治家のオエライ皆さんの頭の中では、専業主婦が家にいる前提なんだろうか???」というもの。

 

ググってぱっと出てきたデータでみると、2019年参議院選の当選者の平均54.4歳。

思ったより若いけど、それでも昭和40年(1965年)生まれで、昭和60年くらいまでが未成年だとすると・・・

なるほど、今の政治家さんは、専業主婦がアタリマエの時代で育っている。

f:id:you-n77:20200730092147p:plain

内閣府男女参画局HPより転載

さらに当選したての政治家さんより、「オエライ政治家さん」はもう少し世代が上だと想像されるので(ちなみに安倍首相は65歳、麻生財務相は79歳)、

もっともっと専業主婦が当たり前の時代を生きてきた。

 

 

 

だから「日中に家に誰かいるのが当たり前」という前提の要請ができるんだろう、

と思ってしまう。

共働きが当たり前の世代からすれば、直観として

「ほな家で子ども達どうするの?」というのがでてくるはず。

 

 

あと、休校要請よりも、満員電車をやめたり会社へのリモートワークやらを要請したりするほうが、人の母数としては多いし、クラスター発生も抑えられる可能性も高い。

(確か、未成年の人口は、2000万人くらい)

 

それができないのは経済界への忖度だろうか、なんて穿ってみたり。

 

 

共働き家庭だったりシングル家庭で働く親御さんの中で

子どもが家にいるから仕事休んでいいよ、となるのは圧倒的に少数派だと

思われるので、親御さんも、色々な思いもありながら、

小中校の子どもを家に放置するしかない、という家庭がどれだけいるだろう。

 

 

さらに、虐待などが話題になっている昨今であるが、

どれだけ家庭にリスクがあったとしても、家庭にいなければいけない子ども達。

 

 

・・・・想像するだけで、涙が出そうになる。

 

 

社会の歪みが、弱い立場の者にしわ寄せがいく、ということの縮図だと思う。

 

 

もし仮に、 そこらへんも検討したのだとしたら、可及的速やかに決定してほしい。