元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

つたわること

・・・なんだか小田何某みたいなタイトルになったことはさておき。

 

息子氏は大人の模倣をしながら言葉を習得しつつあり、

ちょっと言語的なコミュニケーションをとれている感じになってきた。

 

たとえば、親が「息子氏はいくつ?」と尋ねると、

息子氏は「にーさーい!」と答えられるようになってきた。

 

いやー。可愛い。

 

自分がアニメや漫画の登場人物なら、間違いなく鼻血を出している。

 

 

 

・・・ただもちろん、言語習得の最中にある息子氏の言葉は、伝わる言葉ばかりではない。

 

親側が息子氏と言語コミュニケーションをとれると嬉しい。

⇒親側も、引き続き言語コミュニケーションをとれる機会を増やそうとする。

⇒息子氏が発している言葉を、周囲の情報や文脈などを何とか読み取ろうとする。

⇒推測される言葉をフィードバックしたりしつつ、何とか言語コミュニケーションをとることを試みる。

⇒親側が息子氏と言語コミュニケーションをとれると嬉しい。

 ⇒・・(以下繰り返し)

 

というハッピー・ループをたどりたいのだが、息子氏が頻繁に発する言葉の中で、どうしても伝わらない言葉がある。

 

 

「よーとぅんぱたー!」

 

 

 

・・・そんな言葉(!?)を発しながら、息子氏は、めっちゃ笑っている。

 

 

 

多分、息子氏の中では、意味がある。

 

笑っている息子氏とコミュニケーションをとりたい、が、とれない。

 

 

 

 

・・・自分、悔しいっす。

 

 

そんな歯がゆさは、また息子氏と言語コミュニケーションをとることで挽回する。

 

 

謎は深まるばかりだが、それもまた、ハッピー・ループのきっかけなのかもしれない。