育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

保育園合格!

役所から通知が来て、第一希望にしていた保育所に無事合格することができた。

 

保育所面接に行った時から、これいけるんじゃね?と思っていたとはいえ、

正式に通知が来るとやはり安心する。

 

「待機児童」として都市部では希望する保育所どころか保育所そのものに

行けない人もいることを考えると、有難いことこの上ない。

 

・・のだが、新たな懸念として、妻に保育所送迎の負担が偏る、ということがある。

 

 

妻の職場に近い保育所を選んだのは私たち自身なので、

それも承知でやっていくしかないのだが。

 

新たな生活への不安がぬぐいきれないのは仕方ないし、

日々工夫を重ねていくしかない。

 

 

・・・でも、息子氏を共同養育する身として、

お互いが少しでも無理なくできる範囲、負担し合える範囲を

引き続き模索しながら生活を紡いでいこう。

 

 

そう決意した日でもあったり。