育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

嵐の中で思うこと

 

全国的に、数十年に一度の記録的大雨が続いていますね・・・。

 

先月にあった地震といい、関西は災害続き。

 

育児休業中なので、こういうときに家に居られるのは、家族のことを思うと、ありがたい。

あと地味に避難勧告地域にいることもあり、下手に動くこともできず、自宅(2階以上なのでそのまま)待機。

 

一方でやはり、職場の同僚や職場の子どもたちのことは気になる。

もちろん、何事もないように職場にいる職員たちで、職務を全うしてくれているのだろうけど。

 

ただ育児休業中&自宅待機の身の私には何もできない。

それはそれで、歯がゆい思いがある。

 

もちろん、世の中には、いくら家族のことが心配でも、責任をもって職務に励む人のほうが多数いる。

私の思っていることも、無責任で、贅沢な悩みなんやろうな、なんて思う。

 

  

・・・結局のところ、こういう自然災害時には、その時、自分自身と、自分が守れる範囲のことを、できる範囲で守るしかない。そんな結論で自分を守ってみたり。

 

 

とにかく、かけがえのない日常が、全ての人に、再び訪れることを願ってやみません。