育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

家事・育児の互換性の確保と、スキル形成の必要性

妻とふと、今は家事・育児の互換性が結構確保できてきている感じがしていいね、という話になった。

 

 

共働き世帯において、家事・育児の「役割分担」は大事だと思う。

ただそれ以上に家事・育児の「互換性の確保」ってのはかなり大事だと、最近思う。

 


役割分担で言えば、例えば我が家の家事でいえば、風呂掃除やごみ出しは私、みたいな感じで何となく決まっていた。

 あと食事の準備は、妻の職場のほうが家から近いこともあり、働いているときは8:2くらいで妻が多めに作ってくれていた。

(ちなみに食事の準備をしなかったほうが皿洗いをするというルールもあった)

 

お互い一人暮らし経験があったので、他の家事、例えば洗濯・買い物・掃除とかは、どちらも一通りできたので、手が空いたほうがやるシステムだった。

 

 まぁそれぞれで家事について若干のやり方の違いはあるけど、適宜話し合い、擦り合わせながら、何とか回っていた。

 

 

・・そこへ、息子氏が加わり、妻の負担が激増した。

育児について、息子氏をあやしたり、おむつを代えるのも、育休のおかげで、どちらもできるようになったけど、授乳はどうしても妻に負担が偏る。

ミルクも飲めるようにしているため、夜間の授乳で妻がしんどそうなときは、まとめて寝られるようにはするものの、母乳:ミルク=9:1くらいで、母乳メインでやっているため、どうしても数時間おきに妻の手が取られる。

 

 

そんな我が家で、子どもができて、三人暮らしが始まって、一番自分に必要だったのは(互換性が必要だったのは)・・・「料理スキル」だった。

 

「たまに」やるのと、「日々」がっつりやるのとでは、大いに違う。

 

特に、絶賛スキル形成中なのが、食事のメニュー作り。

 

 

1人暮らしのときも自炊は多少していたけど、そこまで色々作らず、手軽に済ませたり外食で済ませたりすることも多かったので、あまりレパートリーがないままだった。

 

同じものばっかりだったら飽きるし、かといって、家でご飯を食べる頻度が増えている分、DINKSだったこれまでのように食費をかけるわけにはいかない。

子どもがいるとおいそれと外食もできん。 

 

そこで、Webを活用して近くのスーパーのチラシで安売り情報をゲットしつつ、Cookpadを最大限活用しながら、レパートリーを絶賛増やし中。

  

予算も限られるけど、その中で工夫しながら料理していくのは、結構楽しい。

あと一人暮らしの時と違って、美味しかったら反応があるし、料理のモチベーションも上がっていて、好循環。

 

そういえば、マンガのクッキングパパって好きやったなぁ、ということを思い出した。

 

 目指せ、荒岩一味・・・いや、やっぱり無理。できる範囲でやろう。

 

 

やや脱線した。

 

 

とにかく、家事・育児の互換性の確保のためには、それらの「スキル」形成の時間が必要だと思う。

 

ある程度の向き不向きはあるにせよ、どちらかに偏ってしまうと、どうしても不公平感や不満感に繋がってしまう。

 

逆に、片方が一定時間、家事・育児を請け負えるくらいのスキルを備えていれば、もう片方がその時間休憩出来たりもする。

さらに言えば、育児休業が明けて再び共働きになった時、手が空いたほうが家事・育児をすすめておけたりもできる。

 

・・・今、できるうちにスキル形成を楽しみながらできるのは、育児休業のおかげだなぁと思う。

 

感謝、感謝。

 

 

引き続き、家事・育児の互換性の確保のために、頑張っていきやす。