元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

息子氏の満福中枢

息子氏は、母乳やミルクを与えたら与えるだけ飲んでいたが、最近、少し残すことが増えてきたように感じる。

 

舌で押し戻したり、それ以上吸わなかったり。

 

ネットで調べると、満福中枢が発達してくるのが生後3~4か月頃らしい。要は、それまでは満腹感が得られないため、与えたら与えるだけ飲む時期。

 

 

満福中枢が早々と発達してきた、と判断するには少し早計な気もするが、数日前の保健師さんの計測結果、約6キロあった息子氏。

 

増えないよりかはいいが、増えすぎるのも親としては心配であったし、体重とか月齢でミルクの量も試行錯誤しながらではあったが、これを機に、少しミルクを抑えてみることに。といっても1回量を140ccを120㏄に減らしただけやけど。

 

 

・・・なんせ自分自身、健康診断を受けるたびに「肥満」だと指摘されるようになってから、幾星霜。

 

自分のことはおいておいても、息子氏には同じ轍を踏んでほしくなかったりする、そんな身勝手な親の気持ち。

 

 

まぁムニムニしている息子氏も間違いなく可愛いので、あまり気にしすぎないようにもしているのですが。