元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

保育園義務教育化

 

 

 f:id:you-n77:20190817153817j:plain

妻が昨今話題のこの本を買ってきており、

個人的にも興味があった本なので読ませてもらった。

 

世界一受けたい授業でこの本に関わる内容を話され、反響があったらしい。

 

 

 


テレビ番組などの辛口コメントで定評がある筆者だが、

書いていることは至極全うだと私は感じた。

 

あとこういった保育・育児関係にありがちな感情論ではなく、

データや根拠に基づいて論理展開をされているので、説得力がある。

 

 

”はじめに”のタイトルが、

「お母さん」が「人間」だって気づいていますか?

というもの。

 

 

例年、母の日になると、こんな動画がネット界隈でよく広まることを思い出した。

www.youtube.com

 

 

子育てに伴う責任や時間・労力・コストなどを冷静に考えたら、

1人の人間が担えるわけがない。

 

ある程度ちゃんとしてくれているなら感謝したらいいが、

ありがとう、だけて終わらせてもいけないと思う。

 

そういったことを前提に、きちんと議論をしないといけないと思っている。