元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

イオンに外出

 

酷暑すぎて、外出自体がほとんどなくなっている息子氏。

 

ただ好奇心旺盛な昨今の息子氏にとっては、一日中家にいるだけの生活は暇すぎるようで。

 

養育側の大人も、ずっと家で家事育児だけしているのはなかなか息が詰まる。

 

 

ただ、赤子が行けるというだけで、一気に選択肢が縮まるのが外出先。

 

そんな子育て家庭の強い味方は、なんと言ってもイオンモール

 

 

一日いられて、天候・気温関係なく、大人も楽しめる。

授乳室やら、ベビーカーも完備。

 

あと意外に、個人的に一番大事だと思うのが、「同じような子育て中のご家族さんがいっぱいいること」だと思う。

 

特に関わることはないご家族さんたちではあるが、自分たちのところだけではないという、孤独じゃない感じ

 

いわゆる「孤育て」になりがちな昨今の養育環境。

 

その課題に対して、各地の行政さんがいろいろと施策を行っている。

一方で、イオンモールというのは、自然と子育て家庭が安心して集える場所である、という意味で、民間が行う中でもかなり大きな子育て支援になるのかもしれない。

 

そんなことを、ふと思った。