育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

血便

2日続けてあまりに心地よい話ではなくて申し訳ないです。

 

少し前ですが、息子氏に「血便」が出たことがあります。

 

 

妻はひどく驚き、私とも話し合った上で、閉まる直前の小児科クリニックに電話。

すぐ来てくれたら診られるとのことで、血便のついたオムツとともに駆け込んだ。

 

そこまでドバっと出たわけではないものの、息子氏が元気そうなので、とりあえず様子を見ることに。

ただ血便がドバっと出たり便の色が変わったりしたら、すぐ電話して、とDrの携帯電話番号を教えてくれた。

なんて心強い。

 

幸い、血便はそれきりで、息子氏も元気なまま、数日が経過。

 

 

 

・・・その小児科クリニックから電話があり、持っていったオムツから病原性大腸菌「O-1」が検出された、とのこと。

 ナニソレコワイ

 

 

ただ調べると「常在菌」なので多くの場合は問題ないが、たまに毒素をだして腸にダメージを与えることがある、生肉の調理後の手洗浄などに注意してください、とのこと。

 勉強になった。

 

そういえば、ご飯作ってるときに息子氏がギャン泣きしたらパッと行ってしまうこと、あるかも。

気をつけよう。

 

 

今現在、さらに何日も様子を見て、どうやら血便はその時限りだったので、一安心しています。

 

ただ生後6ヶ月くらいしたら、母体からもらった免疫が切れて体調崩したりもしやすくなるみたいやし、心積もりしとこう、とも思ったり。