元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

学びが止まらない

 

数か月前、保育園でお勉強に取り組んでいることに気付き、

わーるどわいどな絶妙なチョイスの学びもあったことを、息子氏の育ちを通して知り、

イチ保護者として、ありがたく思っていました。

 

 

本当にいつからやっていたのかわからないですが、

気づけば新しい単語を輸入してきています。

 

 

外国の名前では、メジャーどころの「いたりあ、ふらんす、るくせんぶるく」あたりの国名を不意にこなしたり、

やま、かわ、いし、つち、つき、ほし、いけ、みずうみ、そら、うみ」と自然物の名称を諳んじたり。

 

 

 

そこで、なにか家でも覚えさせる言葉はないかと思い悩んだ結果、

禁断の必殺技「これなーに?」を覚えさせることにしましたた。

 

 

この必殺技を習得すると、自発的に興味を持ったものに対して発することができ、

大人がその名称を教える、というループができて、

ボキャブラリーが爆発的に増えていく。

 

 

 一方で、大人側にとっては諸刃の剣にもなり得る必殺技でもある。

 

 

というのも「これなーに?」を覚えた息子氏の波状攻撃を食らう可能性が高い。

 

 

 

もちろん、大人はこのタイミングを逃すまいと、

「なんぼほど聞くねん!!」とツッコミたくなりながらも、

忍耐強く、関わることが大切だと言われる。

 

 

 

・・・こうやって息子氏レベルが一段と上がっていくにつれ、

親側も鍛えられていく。

 

 

よし、がんばっていこう。