元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

「はくま」「ん」

 

息子氏がいう言葉は、時に、まるで暗号のように解読が必要となる。

 

 

ある日、「はくま!」と言いながら父の私の足元に寄ってきた。

 

・・・?

 

抱っこをしてほしいわけではない。

それならこっちを向きながら手を伸ばしながら「抱っこ」と言える。

 

 

しばらく考えて、「肩車してほしいの?」と聞くと、

「ん」と答えた。

 

ちなみに「ん」は「うん」の意味であり、つまりはYesの意味。

 

 

 

・・・つまり息子氏は、

「はくま!」(肩車してよ、とーちゃん)と足元に近づいてきて、

父に「肩車してほしいの?」と聞かれ、

「ん」(うん、その通り、早くしておくんなせー)と返答した。

 

 

 

頭の中を、若者言葉を紹介するバラエティ番組で

「最近の息子氏(若者)言葉は、こんな言葉があるんです」

「え~そりゃわかんないなぁ」的なやり取りがめぐる。

 

どこぞの若者もびっくりの略しっぷり。

 

そんな息子氏の日本語が、乱れずに徐々に整えていけるかどうか。

乞うご期待である。