元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

すいませーん ⇒ ありがとう

息子氏には、「ごめんね」と「ありがとう」の重要性をしっかり認識してほしいと思っている。

 

そして息子氏は、親の普段の発言をかなり真似しだしているので、

自分たちが使う言葉にも気をつけねば、と思っていた矢先・・・

 

 

息子氏が、「すいませーん」と言い出すようになった。

 

 

どうやら、保育園への日々の送迎の際に、息子氏がいるおかげでうるさくなったり、迷惑をかけそうになったり、はたまた席を譲っていただいたりするときに、妻が頻発して使っているようだ。

 

 

・・・まぁ確かに、使うよね。

 

 

この、英語でいうと、"Excuse me"のやつ。

 

日本人が英語圏の人に「なぜ日本人はあんなに謝るんだ!?」といわれる原因のやつ。

 

 

 

息子氏から発せられる「すいませーん」は、確かに「何謝っているの!?」となる。

 

 

・・・日本語の「すいません」の中には、「ありがとう」に言い換えられる場合が少なくないとよく聞く。

 

なのでまずは私自身、息子氏のためにも、日々奮闘しながら送迎してくれている妻のためにも、もっと「ありがとう」を積極的に言うようにしていこう。