元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることにし、周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰をした。そんな人が育児休業開始時から書き始めて、終了後も不定期に書き続けているブログです。

母乳外来

授乳が痛くてたまらないのと、断乳についての相談をするために、

妻は初めて母乳外来なるものに行ってきた。

 

妻が色々なブログやネット記事などを見ていると、母乳外来で

溜まっている母乳を絞りだすのは「ものすんごく痛い」らしかったので

大いにビビりつつ受診に行った。

 

ただ、確かに痛かったものの、予想よりはましだったそうで、

ビビッて想像を膨らませることも悪いばかりではないなぁなんて話し合った。

 

あと断乳については、1歳をこえてきたら、子どもとしては

食事からの栄養をしっかり取ればそれでいいらしく、

いつからでもいいとのこと。

 

 

・・自分なりにいろいろ調べたり考えたりしても

どうしたらいいかわからなかったりするときには、

いっそ専門家に相談するというのは有効だなぁと改めて思った。