育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

台風の日に起きたこと

今年は、6月18日大阪北部地震に続き、7月初旬の豪雨と西日本は災害続き。

さらに9月4日日中の台風21号が近畿地方に直撃し、9月30日~10月1日にかけて台風24号近畿地方に上陸しました。

 

・・近畿に住んで30数年。近畿がこれだけ災害に襲われた年は記憶にない。

 

 

築数十年の賃貸アパートの7階に居住中の我が家。

台風21号の時は、聞いたことのない音で暴風雨がベランダを攻撃していました。

窓がリアルにガタガタして、いつ割れるかとひやひや。

(幸い特に被害はありませんでした)

 

まぁ息子氏も、異常をなんとなく感じててか、なかなかギャン泣きしていました。

 

 

 

・・・そして今回の台風24号では、雨風は夜こそ強かったものの、日中は比較的穏やか。

 

ただ息子氏は、昼からずっとギャン泣き。

 

最近は、日中大人しい日も増えてきたのに・・何か体調悪いんかな?など心配しつつ。

そこでふと、聞いたことがあるある仮説が浮かぶ。

 

「気圧が急激に下がると、赤ちゃんはぐずりやすい」

 

インターネットで調べただけですが、ありうることではあるらしい。

happymamadiary.net

 

風が強くなったら怖いので、外出はせず。

少しだけベランダに出たりしたりしているうちに、少し落ち着いたかな?な感じでした。

 

 

もう一つ、我が家で台風の日に起きたこと。

 

妻が、9月30日~10月1日と丸二日外に出なかったのが、気持ち的にしんどかったらしく、突然不思議な行動に出ました。

 

「ちょっと階段の上り下りしてくる!」

 

そう言い残し、アパートの階段を、一往復して帰ってきました。

前述のように、うちは7階なので、まぁ軽く息を切らして、満足そうな妻。

もう一回行ってくる!とさらに一往復する妻と、見送る私。

 

 

 

・・・台風は、我が家に少しのストレスと、少しの変化を加えたようです。

 

あと人間、ずっと内にこもっているだけではダメみたいです。