育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

ひいばあちゃん

 

この日曜に、息子氏をひいばあちゃんにファーストコンタクトしてきた。

 

息子氏からしたらひいばあちゃん。

からしたら、単に、おばあちゃん。

 

私の父方祖母も母方祖母も、90を超えているがなんとか存命。

(祖父はどちらも数十年前に亡くなっている)

 

・・「なんとか」というのには理由がある。

 

母方祖母は数年前に余命半年の宣告を受け、入退院を繰り返している状態だった。

なんとか余命宣告はスルーできたものの、数日前にも状態が悪化して再入院となったばかり。

認知症も進行してきているようで、ここ最近は人の顔もだいぶ忘れてきているようだった。

 

父方祖母の方は、認知症がかなり進行して、10年以上、グループホームに入っている。

もちろん私の顔も、入居のときくらいには忘れていた。

 

でも、からしたら、幼少期、帰省したときに可愛がってもらった記憶がちゃんと残っている、大切な二人のお祖母ちゃん。

 

 

息子氏が生まれて、お祖母ちゃんたちには是非、会ってもらいたいと思っていた。

 

 

・・でも、お祖母ちゃんたちに会うためには、高速で二時間以上かけて出かける、ちょいとした小旅行が必要。

 

息子氏の成長と、私たち夫婦側の諸々の準備が(心の準備も)必要。

 

正直なところ、残り時間がどれだけあるのかわからない、もしかしたら間に合わないかもしれない。

 

・・そんな縁起でもない思いが、息子氏の子育てをしながら、どこかで引っかかったように、ずっとあった。

 

 

そしてようやく!この日曜にファーストコンタクトが実現した。

 

赤ちゃんパワーって、本当にすごい。

 

 

息子氏を見るやいなや、お祖母ちゃんは自然と笑顔になった。

 

赤ちゃん=可愛い → 笑顔、っていうのは本能的にあるんやろなって思う。

 

 

 

・・・その昔は、自分に向けられていた笑顔。

 

自分のことは忘れられていても、その笑顔がまた見れて、本当に良かった。

 

お祖母ちゃん孝行もできて、良かった。

 

 

それもこれも、息子氏がこの世に生まれてきてくれたおかげ。

 

感謝、感謝。