育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

妻の緊急事態

ふと昨日の晩、妻が言った。

「(息子氏がいる生活が)ようやく“日常”になってきた」「少し前までは、毎日が緊急事態“だった”と、少しだけ思えるようになった」と。

 

 

2か月前の妻は、「“一分一秒「命」を預かっている”という緊張感・責任感が半端なく、気が休まる時がない」と言っていた。

今にも、少しでも気を緩めると、どうにかなってしまいそうな小さな命。それが息子氏だった。

 

もちろん、まだまだ覚束ないとはいえ、生まれたてほどではないし、息子氏が一つの“生命”として、100%自分が抱えなくても、なんとかなる(かもしれない)、くらいのかすかな安心感が持てるようになったそうで、「ちょっと肩の力が抜けた」らしい。

 

イメージとしては、危険LEVEL5(MAX)が2ヶ月ずっと続いていたのが、LEVEL3~4くらいにはなってきた、ということのようだ。

 

 

それは良かった、自分の育児休業も役立ったのかもしれない、むしろそうであれば嬉しい、と素直に思った。

 

 

 

・・・ちなみに、LEVEL5の危険度って、どれくらいのイメージか、具体的に言ってみてほしい、とお願いした。

 

妻はしばらく考え、「・・・・向こうから、裸の人がこっちに向かってきた感じ、かな」と。

 

 

・・・妻よ、君はそんな危険度を日々感じていたのか。

 

わかっているようで全くわかっていなかった、母の思いを知った日でした。