育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

(注視+追視)×社会的微笑=SLB

注視=じっと見つめること。新生児期からみられる。

追視=動くものを追って見ること。生後1~2か月ごろから見られる。

 

社会的微笑=生後2~3ヶ月ごろから生じる、人に向けられた微笑。

      新生児微笑(生理的微笑)とは異なる。

 

SLB=スーパーラブリーベイベー。

 

 

・・要は、息子氏が、親の顔を見てきて、にっこり微笑む、それがめっちゃ可愛い、ということ。

 

 

夜はなかなかまとめて眠れないし、肩はこるし、腰は痛いし、なかなか身体的にはきつい(ワンオペママの方はもっときついと思われる。本当にすごいと思う)。

 

息子氏がニコッと笑うと、それらがすべて報われた気持ちになるくらいの破壊力がある。

 

 

 

昔、研修で学んだことを思い出した。

養育者、特に母親は、出産後、身体的に本当にきつい日々を、それこそ気合いや責任感だけで乗り切ってきて、それらもいい加減に果てるかどうかという生後2~3か月ごろ、子どもが自分を見てにっこり笑ってくれるかどうか。それが虐待の予防因子としてどれほど機能するか、と。

例えば、自閉スペクトラム症では、社会的コミュニケーションの障害が症状としてあるので、視線が合ったり、社会的微笑が生じにくい。それが母親の気持ちをどれほど左右するか。

 

児童虐待に関する統計上、主たる虐待者は、「母親」の割合が一番多いとされる。

虐待死事例も、悲しいことに0歳児が一番多い。

 

でも、それって母親のせい、なのだろうか?

0歳児は無力だから、どうしようもなかったこと、なのだろうか?

 

・・その研修を受けて、虐待について、色々と考えが改まったように思う。

 

 

タイトルを書いたときは、こいつ可愛いなぁって思って書き始めただけなのに、

なんだか真面目な内容になった。

 

まぁそれはそれで、いいか。