育休パパが子育て支援とか考えつつ日々のことを記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業をとることになった。そんな人が書くブログです。

1ヶ月検診&久しぶりの外出

 

今日は、息子氏の1ヶ月検診。

 

息子氏が生誕した病院で1ヶ月検診&妻の婦人科検診。

 

病院から妻実家へ(2/12)、妻実家から我が家へ(2/25)、といった移動以外で、家の外に出ること自体が初めての息子氏。

それだけで親としてはややドキドキ。

 

 

お医者さんに聞くことや、授乳のタイミングや、病院に書いてもらう書類などについて、その場でバタバタしないように、事前に妻と打ち合わせておく。

 

 検診結果、特に異常はないとのことで、一安心。

 お医者さんに「大丈夫です」と言ってもらえるだけで、なんかそれまでの育児が認めてもらえたような、そんな気がする。不思議。

 

ひそかに、服を剥かれて泣きわめく息子氏に対する職員さんのあやし方について、あぁやっぱりこんな感じのあやし方か、なんて参考にさせていただいたり。

 

 

授乳や手続きなどもある程度予定通りに終える。

 

生後1ヶ月くらいから、少しずつ外出していけるらしいので、

検診ついでに、家族三人でデパートへお買い物外出することに。

 

そこで妻がそのデパートで作ったカードのポイントが数千円分貯まっていたことが発覚し、せっかくなので、といつもは買わないちょっといいお肉を買って、しゃぶしゃぶをすることに。

 

たまにはいいやろう。

 

 

妻も息子氏も、1ヶ月お疲れさん。