元・育休パパが子育て支援とか考えつつ日々を記すblog

児童福祉施設の相談員として子育て支援・家庭支援に携わるようになったものの、第一子誕生を機に、自分自身の子育て・家庭が疎かになることへの危機感を抱き、子育てしつつ足元を見つめ直す必要を感じ、一年間+αの育児休業を取得 ⇒ 周囲の多大なる協力もあり、無事に育児休業を終えて職場復帰 ⇒ 3年後の第二子誕生時にも2か月の育休 ⇒ 時短勤務継続中。そんな人が第一子育児休業開始時から書き始めて、その後も不定期に書き続けているブログです。

2018-06-06から1日間の記事一覧

嬉しいような困るような、愛着

子どもの成長・発達において「養育者の応答性」は大事。 ・・・ただ、ずっと家にいるからと言って1~2人の人間が「赤ちゃんに常に応えるのは、無理」だと思うし、ちょいちょいさぼるくらいのほうが、煮詰まらなくていいと思う。 親には親の生活・人生がある。…